一般社団法人花巻観光協会[岩手県花巻市] イーハトーブの一番星をめぐる花巻の旅

花巻のお土産

花巻の一番星をめぐる

陶器

花巻には、台焼・瀬山焼・鍛冶丁焼・早池峰焼など多数の窯元があり、それぞれ特徴のある作品となっています。

台焼…万寿山の陶石から生まれた東北では珍しい磁器。民芸調に厚手に挽き、米糠を釉薬とした糠青磁も日用の器として親しまれてきました。


瀬山焼…台焼の創始者を祖父にもち、密郎氏が独自の創作活動を志し生まれ育った窯を離れ新境地を拓いた瀬山焼。その特徴は、竹ベラを繊細に使っての「櫛目波紋」というオリジナルの作品です。
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をイメージした作品も特徴的です。

 

・鍛冶丁焼…200年前に開窯し、南部藩御用窯としての歴史をもつ。一時途絶えたものの、益子で修業した先代が戦後に復興。素朴で雅趣を感じさせる焼き物です。

 

・早池峰焼き…花巻の花でもある「ハヤチネウスユキソウ」をあしらった作品が特徴的。優しい光を演出するランプシェードは人気。

 

・つづら陶房…自作の釉薬で色々な色彩を持った普段使いの作品が特徴。花巻で焼かれた器で花巻を楽しむ、日常にほっとする瞬間が生まれるはずです。

 

・フジサキウサジ…週末陶芸家として、活動。「幸せな食卓」を作るをテーマにスタートし、大人が夢中になって遊べる工房を開設し、体験受入を行っている。

 

◆花巻観光協会運営のネットショップでもご購入いただけます。

花巻東西番付お土産ショップ

 

お問い合わせ先

お問い合わせ先花巻観光協会
住所〒025-0004 岩手県花巻市葛3-183-1
電話・FAXTEL:0198-29-4522 
ホームページhttps://shop.kanko-hanamaki.ne.jp/

「花巻のお土産」一覧に戻る