大同2年(807)、坂上田村麻呂が戦で効験のあった十一面観音像を祀ったことが始まりとされており、京都の清水寺、兵庫県社町の清水寺とともに日本三大清水と称される名刹です。前九年・後三年の両役のとき、源頼義および義家は康平5年(1062)七間四面の伽藍末社を建立したといいます。これは奥羽33補陀洛の一番札所となっています。

住所 〒025-0037 岩手県花巻市太田21-5-1
電話番号/FAX 0198-28-2624

周辺マップ