(社)花巻観光協会公式サイト
五感で楽しむイーハトーヴ花巻

◆花巻の偉人◆

花巻の偉人
花巻出身の偉人や花巻にゆかりのある作家。
偉人たちの足跡をたどって再発見。


【彫刻家・高村光太郎】
明治16年(1883)東京生まれ。24歳の時にアメリカで彫刻を学び、以後ロンドン、パリ、イタリアで過ごし帰国しました。大正3年(1914)12月に長沼智恵子と結婚しました。しかし昭和13年(1938)智恵子が52歳で病没。昭和16年(1941)59歳で詩集、『智恵子抄』を刊行、大きな反響を呼ぶ。昭和20年(1945)5月知人であった賢治の縁を頼り花巻に疎開移住し、晩年の7年間を過ごしました。
昭和31年(1956)、4月2日没。享年74歳。
●高村山荘 0198-28-3012


【画家・萬鉄五郎】
明治18年(1885)花巻市東和町土沢生まれ。子供のころから絵に親しみ、東京美術学校に入学。強烈な色彩と大胆な筆づかいによる卒業制作の「裸体美人」は、日本の前衛絵画の先駆的作品といわれます。土沢の風土と西洋の新しい美術表現を融合させた独自の画風を確立させました。萬鉄五郎記念美術館のある土沢は今も芸術の薫り漂う町並みを残しています。
昭和2年(1927)5月1日神奈川県茅ヶ崎の自宅で死去。享年42歳。
●萬鉄五郎記念美術館 0198-42-4402


【国際人・新渡戸稲造】
前五千円札に描かれた肖像画で知られる新渡戸稲造は、文久2年(1862)盛岡生まれ。38歳に渡米して書いた英文『武士道』は、日露戦争終結に役立ちました。58歳国際連盟初代事務次長となり、国際紛争を解決したユネスコを創設。『武士道』には多くの花巻武士の心が書かれており、約8キロメートルの新渡戸ロードを歩いて顕彰することができます。
昭和8年(1933)10月15日没。享年72歳。
●花巻新渡戸記念館 0198-31-2120


このページの先頭へ
[0]戻る

一般社団法人花巻観光協会
TEL 0198-29-4522
受付時間 AM8:30〜PM5:30