偉人たちを訪ねて

詩人・宮沢賢治

宮沢賢治は花巻農学校で教鞭を執る傍ら、多くの詩や童話を創作しました。30歳で農学校を退職した賢治は独居生活に入り、羅須地人協会を設立。そこで農民講座を開設し、青年たちに農業を指導したりしましたが、昭和8年(1933)9月21日、37歳の若さで永眠しました。
童話や詩で知られる宮沢賢治ですが、このほかにも教育者として、農業者として、さらに天文・気象・地理・歴史・哲学・宗教・科学・園芸・生物・美術・音楽など多彩な方面でその才能を発揮しました。

昭和8年(1933)9月21日死去、享年37歳。

彫刻家・高村光太郎

晩年を花巻で過ごした彫刻家

明治16年(1883)東京生まれ。24歳の時にアメリカで彫刻を学び、以後ロンドン、パリ、イタリアで過ごし帰国しました。大正3年(1914)12月に長沼智恵子と結婚しました。しかし昭和13年(1938)智恵子が52歳で病没。昭和16年(1941)59歳で詩集、『智恵子抄』を刊行、大きな反響を呼ぶ。昭和20年(1945)5月知人であった賢治の縁を頼り花巻に疎開移住し、晩年の7年間を過ごしました。

昭和31年(1956)、4月2日没。享年74歳。

画家・萬鉄五郎

日本洋画界に前衛絵画を持ち込んだ天才画家

明治18年(1885)花巻市東和町土沢生まれ。子供のころから絵に親しみ、東京美術学校に入学。強烈な色彩と大胆な筆づかいによる卒業制作の「裸体美人」は、日本の前衛絵画の先駆的作品といわれます。土沢の風土と西洋の新しい美術表現を融合させた独自の画風を確立させました。萬鉄五郎記念美術館のある土沢は今も芸術の薫り漂う町並みを残しています。

昭和2年(1927)5月1日神奈川県茅ヶ崎の自宅で死去。享年42歳。

国際人・新渡戸稲造

農学者・教育者・国際連盟事務次長も務めた国際人

前五千円札に描かれた肖像画で知られる新渡戸稲造は、文久2年(1862)盛岡生まれ。38歳のときアメリカで書いた英文『武士道』は、日本文化の伝統の中に人類共通の道徳があることを世界に紹介した。
58歳 国際連盟初代事務次長となり、国際平和に尽力すると共に、ユネスコの前身である「知的協力委員会」を設立した。
花巻市内約8kmにわたって設定されている「新渡戸ロード」を歩くことにより、新渡戸稲造の父祖への思いをたどることができる。

昭和8年(1933)10月15日没。享年71歳。

明治22年に広島市にて出生。9才より花巻市高木地区で少年時代を過ごす。
大正3年、東北帝国大学農科大学(現・北海道大学)卒。青森県農事試験場に勤務し、りんごのモニリヤ病の研究などで、りんご栽培の基礎整備に尽力した。後に北海道大学に戻り、昭和25年から29年まで学長を務めた。

昭和39年(1964)8月9日没。享年74歳。

安政3年、花巻城下仲小路に出生。明治9年、札幌農学校に第一期生として入学(新渡戸稲造の1年先輩)。卒業後、アメリカへ留学して農政学を専攻、帰国後は母校の教育の総合大学化に尽力し、北海道帝国大学(現・北海道大学)の初代総長となる。北海道大学育ての親として知られる。

昭和14年(1939年)6月5日没。享年84歳。